ETIC.横浜

ニュース

2012.12.20

【1/25開催】企業が取り組むソーシャルビジネス~地域で必要とされ続ける企業であり続けるための視点~

■課題先進国、日本。これからの地域社会で企業が果たす役割を改めて考える。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
企業が取り組むソーシャルビジネス
~地域で必要とされる企業であり続けるための視点~

主催:横浜市経済局  事務局:NPO法人ETIC.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
-ソーシャルビジネスに取り組む企業・起業家の皆様 申込〆切:1/23-

<「いい会社」の定義とは何でしょう?>

・人財の多様化を推進し、ダイバーシティ経営に成功している企業
・小さくても世界に誇る技術を持つオンリーワン企業
・自然との共生の視点を持ちつつ、第一次産業の再興に向け挑戦している企業

…等、取組は様々ながら、日本には100年後の日本社会を見据え、
誠実かつ着実なビジネスを行っている名も知れぬ企業が多数あります。

2008年に創設された「投資は“まごころ”であり 金融とは“まごころ”の
循環である」という投資哲学をもつ鎌倉投信株式会社で資産運用部長として
社会を本当に豊かにする価値ある会社に投資している新井様を講師に招き、
地域で必要とされる企業であり続けるための視点やソーシャルビジネスが
地域に根差し持続的に発展していくための視点について考えていきます。

<<開催概要>>

日時:2013年1月25日(金)14時00分~16時00分 (開場:13時45分)

会場:横浜開港記念会館9号室(日本大通り駅1番出口より、徒歩1分)
http://www.city.yokohama.lg.jp/naka/kaikou/acces.html

対象:事業を通じて地域に貢献していきたいとお考えの企業経営者
CSR広報ご担当者様や、ソーシャルビジネスに取り組む起業家の皆様

内容:「障碍者雇用」「環境共生経営」等、持続可能な企業経営を行う
国内企業の事例を紹介。これからの企業経営に必要な着眼点や、
地域社会との共生の在り方について、考え方を提示。

定員:30名
講師:新井 和宏氏(鎌倉投信株式会社取締役、資産運用部長)
会費:資料代1000円
申込:メール末尾に記載

<<講師経歴>>

新井 和宏氏(鎌倉投信株式会社取締役、資産運用部長)
http://www.kamakuraim.jp/index.html

1968年生まれ、東京理科大学工学部卒。
日系信託銀行、外資系投信投資顧問会社等を通じて15年以上にわたり企業年
金・公的年金などを中心に、株式、為替、資産配分等、多岐にわたる運用業
務に従事。2008年11月に鎌倉投信㈱を創業。資産運用部長に就任し2010年3月
より運用を開始している投資信託「結い 2101」の運用責任者として活躍して
いる。「いい会社をふやしましょう」を合言葉に、日本中を飛び回り社会を
本当に豊かにする価値ある会社を探し求めている。

<<お申込み>> 下記URLより、ご登録ください。
http://socialport-y.jp/?p=694

※定員に達した場合には、締め切らせていただくこともございますので、
お早めにお申し込みいただけますと幸いです。
みなさまのご参加を心よりお待ち申し上げます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■本件に関するお問い合わせについて
NPO法人ETIC. 横浜ブランチ
担当:田中、腰塚
( TEL:03-5784-2115       E-Mail : yokohama@etic.or.jp
NPO法人ETIC.が横浜市経済局より、SB事業者支援事業を受託し、実施しております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★☆★