ETIC.横浜

事務局ブログ

2013.03.11

東日本大震災から2年

東日本大震災から2年の今日、悲しいほどすっきりとした青空が

横浜上空を覆っていました。

あの日の間延びした断続的な横揺れへの恐怖、テレビで次々と映し出された津波被害の惨状、

数日後に起こった原発事故へのショック等、未だ生々しい記憶として

多くの方の脳裏に刻まれていると思います。

今週末、行われる「神奈川コラボレーションフォーラム」では、

3.11後、RCF復興支援チームを立ち上げ、震災関連情報の調査・分析や、

復興 事業立案、コーディネイトを行う「復興支援プロデューサー」として活動してい る藤沢烈氏を招き、

基調講演で、被災地で生まれている復興の兆しや、セクターを超えた協働の可能性について

お話頂く予定です。

その後の3つの分科会では、地元神奈川に目を転じて神奈川で生まれ始めている、

新しいコラボレーションの兆しや企業、NPO、起業家などの立場を超えて、

志高く挑戦している皆様の事例をご紹介していきます。

 

ここ神奈川においては、次なる非常事態に備える意味だけではなく、

地域社会に山積されている様々な地域課題の待ったなしの状況に多くの人が目を向け、

行動に移すキッカケとして、このフォーラムが微力ながら貢献できればと思っております。

皆様のお越しをお待ちしております。