ETIC.横浜

事務局ブログ

2013.06.28

「イラストでまちおこし」 マーチングEXPO2013にて大川印刷インターン生も発表 !

「まちイラストでまち自慢&まちおこし」を行う印刷会社さんの集まり一般社団法人マーチング委員会が主催する『マーチングEXPO2013』が開催されました。全国48か所のマーチング委員会が東京・西麻布に集結し、熱く〝まち″おこしを語りあう5日間。6月27日には事例発表会が行われ、選ばれた5委員会が発表。その発表者として株式会社大川印刷でインターンをする原尚史君も発表いたしました!

 

原君はインターンを初めて約4か月。そんな原君のインターン先である大川印刷ではイラストをとおして様々な事業をされていますが、今回の発表では「イラストがコミュニケーションを生むツール」として活かされることをお話されました。

NPO法人五つのパンのカフェ「いのちの木」(インターン生西口さんが活躍中)で、イラスト展を2013年3月に実施。横浜だけでなく他の地域のイラストも合わせて展示することで、思い出を語り合う場が生まれたそうです。7日間で200人が集まり大盛況! その他にも「学生×高齢者のダイアログ(対話の場)」を開き、イラストをとおして世代を超えた交流も生みました。参加したインターン生の原君は、思わずおばあ様に会いたくなるような(実際にその後に田舎に帰っています)素敵な場となったこと、イラストが語りを簡単に生み出すコミュニケーションツールとなることを実感した経験を伝えました。

 

イラストをとおして「まち」を元気にする印刷会社さんを中心としたこの素敵なまちおこし運動「まち+ing」を、私も横浜を愛する一員として応援していきたいと思います。(浅野)