ETIC.横浜

事務局ブログ

2013.09.18

株式会社横浜ビールへの取材同行!

 

こんにちは!

横浜ブランチインターン生の氏家です。

現在、東京工科大学の学生さんが卒論として「地域未来創造型インターンシップ」のプロモーションビデオを作成してくださっています。

その取材の一環として、横浜ビール太田社長を訪問するということで、私も同行させていただきました!

取材の現場は横浜ビールさんが経営しているお店、驛の食卓にて。

太田社長は「生産者さんの思いをお客さんに伝える」という仕事に対して熱い思いを持った方で、取材内容を聞いているだけでも、とても勉強になりました。

 

私が一番印象深かった言葉は、「企業も生き物。生身の会社に入ることのできるのはインターン生の特権である。」

インターン生だからといって、常に企業の良い状態だけを見ることができるというわけではなく、企業のマイナスな部分も生で見ることができる。

また、生身のものだからこそ、常に手をかけ続けなければならないのです。

 

私も今週で、ETIC.でインターンをスタートさせて1か月になります。

その中で、一般社会の人と関わることの良さ、一方でアルバイトとは異なる仕事に伴う責任を少しづつ感じています。

例えば、仕事には期限があり、それが滞ってしまうと周りの人の仕事まで影響を与えてしまうことや、自分のやるべき仕事をどのくらいの時間をかけてやるのか、自己管理ができていないと、作業効率が下がってしまったり。

その一方で、周りのスタッフ、インターン生から学ぶことも多く、毎日沢山の刺激を受けています。

そして、今回のように外部企業である太田社長のような方とも関わることができ、改めて人と関わることは楽しい!と思いました。

 

そんなインターンの日々の学びや気づきを大切にしていきたいと感じた1日でした。(氏家)