ETIC.横浜

事務局ブログ

2013.11.27

『LED菜園』ビジネス と 『自然栽培』ビジネス 

ある日、エコロジー&農業という共通点がありながら、全く異なるビジネスを横浜で展開している方にお会いしました。
最先端技術LEDでの植物工場を行っているのは株式会社キーストンテクノロジー、そして、自然栽培の野菜を宅配事業を行っている青果ミコト屋

 

まずは、技術をもって社会に貢献する会社、㈱キーストンテクノロジーから紹介します。
人口増加を背景とした将来的な食料危機など、様々な問題が地球規模で進んでいる中、  国内においても食料自給率の低下や農業の担い手不足を問題意識にもっています。技術をもって、社会の課題を解決することを目指されています。そこで、横浜都市部でLED菜園で生産する無農薬野菜とは、温度、湿度、光の色などを調整して植物の生長に最適な環境を作りだされている高品質な野菜です。野菜の種類としては、葉物(レタス類、セロリ、ルッコラ…)やハーブ(バジル、大庭、ミント…)LED菜園としての魅力は、①無農薬野菜として年間安定した供給が可能 ②露地栽培の2倍のスピードで生育 ③栄養価(葉酸、B-カロテン、ポリフェノール等)が高い ④葉のサイズや厚みが一定しており、洗う手間もなく、調理しやすいなどが挙げられています。

実際に試食して、匂いが強く、味も濃く、とても美味しくいただきました。想像以上に丁寧に育てられていることを見て、サラダなどを食べるときには使いたいと思いました。私たちETIC.のインターン生の受入れをいただいている横浜ビールが週2回開催する野菜市「驛テラス」でも販売されています。

IMG_2201 (1280x960)

 

 

 

もう一方は、青果ミコト屋。自然栽培の野菜を取扱い、畑まかせの旬のまかせの野菜のセット宅配便サービス。天候や旬に寄って何が届くか異なります。また、旅する野菜屋として全国の農家をまわられ、生産者の声を消費者に届くように工夫されています。例えば、素材の味を活かしたレシピや農家直伝の食べ方、野菜の歴史や保存方法などの情報も宅配便と一緒に送り、どうしたら美味しい野菜を味わってもらうことが出来るのかにこだわりをもって届けられています。様々なイベント等でも出展されているので、是非買いに行きたいです!

20131127_870411            (ミコト屋ブログより11月26日お届け野菜)

 

 

「美味しい」野菜の感じ方は人により異なるかもしれません。しかし、それぞれが社会に良い方法を徹底的に考えながら、ビジネスに取り組まれていることが大変興味深いものがあります。新鮮な野菜をいただきながら、今後も注目していきたいと思っています。(浅野)