ETIC.横浜

事務局ブログ

2013.11.23

YOKOHAMA Changemaker’s CAMP:リサーチコース中間報告会

YOKOHAMA Changemaker’s CAMPリサーチコース中間報告会を11月23日(土)に開催しました。

リサーチコースでは、10月よりプロボノが起業家のテーマである社会課題を各プロボノチームでリサーチを行っています。10月17日にキックオフして約1ヶ月が経過し、現在までの調査結果を中間発表しました。

 

第1部として、昨年度のプロボノ2名から経験談をお話いただきました。プロボノが社会課題をリサーチする上で重要なことは、リサーチ結果がより良いものになるようににこだわること。それは起業家1人では出来なかった、調査し分析をすることに注力することが大切であることをご説明いただきました。リサーチでビジネスモデルを考える前に、起業家にとって事業の根源となる課題を明らかにしていくことが大切となります。問題をきちんと見定めることを徹底してやり、各プロボノが得意なことを活かし、社会的に意義あるリサーチ結果を出す!という強いメッセージをいただき、プロボノの意思も高まりました。

 

第2部では、いよいよ各チームの中間発表です。持ち時間10分で、前半の成果をどれだけ発表しきれるか、どのチームも実に真剣。チームによって、課題の整理の仕方、データの取り方も様々ですが「今の進め方で社会的に意義のあるリサーチ結果までたどり着けるのか?」を確認する貴重な機会です。発表後の質疑応答では「ターゲットはもっと細分化できるのではないか?」「課題の本質はどこにあるのか?Aと言っているが、Bという可能性もあるのでは?」といった、鋭い指摘が入ります。互いに、リサーチを実施している仲間だからこその、高い視点で議論が行われました。

この発表を通して、まだまだ足りなかった点、何の分析を深めたらいいのか?どんな裏付けが必要なのか?が明らかになってきた各チーム。一層のドライブがかかり、これから最終報告会に向けて一気に進めていきます。

起業家&プロボノのモチベーションが高まった、熱い1日。最終報告会が楽しみです。

 

最終報告会は、2014年2月7日(金)に予定しています。一般の方にも聞いていただけるような有意義なリサーチが生み出せるように、起業家&プロボノと共にコーディネーターとして頑張っていきたいと思います。

IMG_2204 (1280x960)