ETIC.横浜

事務局ブログ

2015.12.18

12月12日(土)にインターンシップCafe in YOKOHAMAを開催しました!

こんにちは!ETIC.横浜ブランチインターン生の高橋です。

今回は12月12日に神奈川県民ホール大会議室にて開催した、「インターンシップCafe in YOKOHAMA」の様子をお伝えします。
→「インターンシップCafe in YOKOHAMA」についてはこちら

本イベントは横浜を舞台とした6か月間の長期実践型インターンシッププログラム「地域未来創造型インターンシップ」で、

来春から挑戦を考えている学生にインターンやプロジェクトを体感して頂き、

インターン受入れ企業さんとのマッチングとを図る場になっております。

当日は、朝早くから参加者の皆さんにお集まりいただき、 プロジェクトや企業の魅力についてを知っていただくべく、 実際にインターン受入れ企業の経営者さん、社員の方々、インターン経験学生と 参加者の方々で交流を図るコンテンツを行いました!

最初に行いましたのは、インターン経験者によるパネルトークセッションです。 パネルトークセッションでは、登壇した3名のインターン生に インターン中に感じたさまざまなことを本音で語っていただきました。 ぱねるとーく

 

3名はそれぞれ異なるインターン先でいろんな経験をされており、 参加者の皆様も実際の長期インターンのイメージを持っていただけたのではないかと思います。

また、実際にインターン経験者と輪を囲み、経験者からインターン期間中の モチベーションの推移やインターンで得た成長などを語り、 参加者の皆様に質問をしていただくというワークショップも行いました!

インターン生前にずらっと!

輪―ワークショップ

 

そして、いよいよインターンシップCafeのメインコンテンツでもある、 経営者の方によるプレゼン&経営者とのトークセッション!

 

3分ピッチ

 

普段の大学生活の中で出会えない経営者さんのプレゼンから刺激をうけつつ トークセッションでは、経営者さんや社員さんが、参加者の皆様と 実際の「カフェ」さながらに同じ机を囲み、 企業やインターンのプロジェクトについてじっくりお話をして頂きました!

 

かふぇ

 

参加学生の方から「ここの経営者さん・企業の話がもう少し聞きたい!」 というようなお声も頂き、じっくりプロジェクトについてお話を聞く姿が 会場のいたるところにて見受けられ、とても熱気にあふれる場になったのではないかと思います!

 

経営者トーク

 

今回のインターンシップCafeの運営や企画を担当したのも、 実はインターン経験者であったりします。

 

インターンをしていた時期や企業がバラバラであってもみな、 「挑戦を次に繋げる」ことを目的に、共に運営に取り組んできました。 同期生でなくても、年齢が違かったとしても、共に挑戦した仲間として、 そしてさらに次のインターン生への繋がりが存在するのが、 地域未来創造型インターンシップの魅力だとも感じています。     運営スタッフ一同、経営者さんたちの熱い想いや、面白い取組みに触れ、 これからの学生生活をどう過ごしていくかの選択肢としての 長期インターンを考えるキッカケになれば嬉しく思います。

 

 

最後に、お越し頂きましたすべての方々に御礼を申し上げます。 本当に本当に有難うございました。

インターンシップCafeに出展頂いた企業(順不同、敬称略)

 

 

地元印企業 × 地域との対話・協働

 

明治創業の印刷会社 × ソーシャルプロダクツの市場開拓

 

ネットリテラシー教育 × 映像授業の企画・開発

 

オンリーワンものづくり企業×地域の輪づくり

 

IT×NPOの経営課題解決

 

新しい車文化の創造 × 戦略的マーケティング

 

広報・マーケティング×本物の価値

 

デザイン性抜群の万能テント×横浜店立ち上げ!

 

生産者の想いのつなぎ役 × 社長の右腕