ETIC.横浜

事務局ブログ

2011.11.11

コイ バート ナヒーン!

お久しぶりです。横浜社会起業応援プロジェクト事務局の腰塚志乃です。
寒くなってきましたね。みなさまお体壊されていないでしょうか?

日本が冬を迎えようとしている季節に、30度の夏日が続くインドから
帰国してきた起業家さんにお会いしました。

今年度、横浜社会起業塾にご参加頂いている、
ワンスクエア株式会社の藤井健さんです。

藤井さんは、インドの低所得者層で、現在工場などにより
汚染された水を飲んで健康被害に合われている方に対して
日本の浄化剤を使ってきれいな水を届けたいと
取り組まれようとしています。

フッ素やクロムなどの有害物質を多く含んだ水を飲んでいると
体が変形してしまったり、発達障害を起こしてしまったりと、
大きな被害につながってしまうそうです。
現地では、蛍光色のような水を飲んでいる方がたくさんいたと聞き、
私もとてもショックを受けました。

低所得者層の方々が対象なので、その日に使う分だけを安い価格で
販売できないか、現在、試行錯誤をしながらモデルを構築している
真っ最中です。

今回の渡印は、現地での水質に関する実態調査と
テストマーケティングが目的でした。

現地の方々とお話してみると、やはり水への問題意識はあり、
きれいな水を求める声は多く、トライアルで購入してくださる方々もいたそうで、
上々の反応!よいスタートをきることができました。

ただ、公害や貧困以前に大きく立ちはだかる壁もあります。
それは、文化の違い。
水質調査をしたり、ヒアリングをしたりと現地の行政、
NGO、住民、いろんな方から情報を頂いたのですが、
どうやら正しい情報ではないようす。
悪気があるわけではないのでしょうが、数字が正しくない。
そのため、実態調査は自分の目で確かめるしかない、
ということで、正しい事実を把握するにはこれから
苦労が続きそうです。

コイ バート ナヒーン!
これはヒンディー語で「問題ない、あってもまあ気にするな」と
という意味です。

生真面目で勤勉な日本とは、文化の違うインドで
これから想定外の事態もたくさん起りそうな予感ですが、
これからの藤井さんの活躍が、とっても楽しみです。