ETIC.横浜

事務局ブログ

2011.12.09

お父さん、住宅展示場に連れてって!

こんにちは、横浜社会起業応援プロジェクト事務局の腰塚志乃です。

今回は、インターン生が企画に奮闘した環境絵日記の
プロジェクトをご紹介します。

みなさん環境絵日記って聞いたことありますか?
実は、横浜市内の1万8千人の小学生のみなさんが夏休みに環境にまつわる
絵日記を書いてくれています。

これは、横浜市内131社のリサイクル事業者で組織されている
横浜市資源リサイクル事業協同組合さんが、小学生のみなさんに
もっと環境への関心や問題意識を持ってほしいと11年前から始めた取り組みです。

この絵日記のしくみはよくできていて、環境絵日記を書きたいと思った
お子さんは家に帰ってお母さんに「リサイクルって何?」と聞くわけです。
そこで、家族で環境について、話題がのぼってみんなで考える機会になる。
また、中にはフィールドワークとして社会科見学や旅行などに
出かけて、この絵日記を書いてくれるお子さんもいます。
このように、家庭で環境問題を一緒に考えるきっかけになってほしい
という願いが、これには込められています。

この環境絵日記の新しい活用方法にインターン生が尽力しています。
通常、夏休みに集まった環境絵日記は、10月末のリサイクルデザイン
フォーラム
というイベントで、優秀作品の表彰と展示がされています。

しかし折角1万8千作品もの作品をご応募いただきながら、ごく一部しか表彰、
展示できないので、このイベントのほかに作品を展示してもらえるスペース
はないか、という思いを横浜市資源リサイクル事業協同組合さんは

以前よりお持ちでした。

そこで、去年から住宅展示場さんがお力を貸して下さっています。
みなとみらいにある「横浜ホームコレクション」という展示場の管理会社の
㈱エイトノットアンドカンパニーさんがご協力してくださり、
環境絵日記2011作品展 in 横浜ホームコレクション」という企画をさせて頂きました。
今年は2回目ということで、インターン生が中心となって企画を
担当させて頂いたのです。

住宅展示場の子供部屋に、家にまつわる環境絵日記の作品を
展示させて頂いています。
展示作品は、下のようにトートバックにプリントしてもらえるのですよ!
うれしいですよね。

作品を見に家族で来場してくださることは、もちろん企業の方も
お喜び頂いていて、普段なら家にあまり関心のないご家族が
お越し下さるのはとても大きな魅力だそうです。
それに実は、作品を見て下さるご家族は、家に関するアンケート
などにもきちんと答えて下さる、とてもありがたいお客様なのだとか。
また、ご家族にとっても、家族そろって出かけるきっかけに
なるということで、とてもよい機会だと思います。

これをきっかけに、様々な企業さんとのコラボレーションで
いろんなシーンで環境のことを考えるきっかけや、
家族のコミュニケーションを深める役割として
この環境絵日記が活躍できたら素敵だな、と思っています。

12/11まで展示されていますので、みなさまも
散歩がてら是非、足を運んでみてください。
17軒の家の子供部屋に、いろいろな子供たちのアイデア
が詰まっていて、見ていてとても楽しかったですよ!

素敵な家もたくさん見られて、
マイホームもいいなあ…なんて思う今日このごろです。