ETIC.横浜

事務局ブログ

2011.12.21

【改めて横浜の魅力とは 12/21号】

こんにちわ、横浜社会起業応援プロジェクト事務局の浅井です。

先日、12月15日
YOKOHAMA Change maker’s CAMP、ブラッシュアップミーティングコースの
第2回ミーティング(起業家を中心に外部者を交えた仮想取締役会)がありました。
プロジェクトでのインターンを通じて
横浜は面白い街だな~と感じることがこれまでによくありましたが
今回、この会を通じて、改めて横浜の魅力を認識することができました。

 

 

まず、特に感じたのは、ここ横浜には素晴らしい経営者、メンターが多くいらっしゃるということです。

外部から計7名の経営者、メンターにきていただいたのですが
7名のうち、5名は、横浜で活動していらっしゃる方でした。
何年も経営に携わってきた、また、社会起業家として先頭を走ってきた、
経験豊富な方々のご意見は、スタートアップの起業家には心強いものではないかなと感じました。

地域のなかで相互にこのような関係性を

「ある程度完結して」築き上げられる地域は、他にあまりないのではないかと思います。

 

そして、もう一つの「横浜の魅力」は
その指摘を受け止め、社会問題に向き合う社会起業家がいるということです。
社会起業家とは
「ビジネスの手法で社会問題を解決する人」
とよくいいますが、その活動は、

失われつつある絆を取り戻すものとも見ることができる、と思います。

 

 

の横浜の起業家は、
皆、途絶えかけているセーフティネット、「絆」の再構築のために立ち向かっています。

 

 

それは、具体的には、DV経験者の生き甲斐、居場所作りであったり、
乳児院のこどもを救うことであったり、
地域の支え合い、コミュニティを再生することです。

 

 

このように、社会問題を解決するため、失われつつある絆を取り戻すために、
横浜のなかで、起業家、経営者、メンターが
「一体となって前に進んでいく」、
まさに「チーム横浜」のような風土があることが、
日本でもあまり類をみない
横浜ならではの魅力では?!

 

と感じました。

 

 

浅井