ETIC.横浜

事務局ブログ

2011.12.28

【今年を振り返る 12/28号】

 
こんにちわ、横浜社会起業応援プロジェクト事務局の浅井です。
みなさま、クリスマスはいかがだったでしょうか?
 
今回は、2011年最後なので、今年、特に、
 
私がインターンをしていた、9月~12月を振り返ってみたいと思います。
 
この期間でも本当にいろいろなことがありましたが、
 
成果をだせた、あるいは新たな一歩を踏み出せたかなと思うのは3点あります。
 
 
 
 
まず、
①横浜の中小企業でインターン生が活躍していることです!
 
今年は、「地域仕事づくりチャレンジ大賞」に石井造園株式会社のインターン生が
関東代表として出場し、全国の舞台で発表しました。
その意志をつぐべく、
経営者の熱いご指導の下、今も私のようなインターン生が横浜で日々葛藤しています。
 
 
 
そして
②横浜で社会起業家が着実な、また新たな歩みをはじめていることです!
 
横浜社会起業塾のOB、現役生、
YOKOHAMA Changemaker’s CAMP
の起業家が
横浜の経営者、専門家のアドバイスもあり、着実に一歩づつ前に進んでいます。
 
 
 
 
 
最後に
③横浜で、行政職員、民間からの「プロボノチーム」を編成し、
社会問題解決へ向けて動いていることです!
 
YOKOHAMA Changemaker’s CAMP
のこのようなチームは全国的にもあまり例がないものですが、
セクターを超えた連携の相乗効果が確実にうまれつつあります。
 
 
 
私がインターンしている4ヶ月という時間の中でも
出会った様々な人々が着実に前に進んでいます。
実は、葛藤の中で、希望の光や、前に進んでいる実感が得られる瞬間は
鳥肌がたつようなものであったりします。
 
 
このような変化が起きるのも
横浜を元気にしたいという皆様の
日々の熱い行動の連鎖の結果だと思っております。
 
大変お世話になりました。ありがとうございました。
 
 
では皆さん、よいお年を!
 
 
 
浅井