ETIC.横浜

事務局ブログ

2012.01.20

【横浜にも農業がある 1/20号】

こんにちは、横浜社会起業応援プロジェクトの浅井です。

 

「横浜」といえば、「大都市」のイメージがありますが、

「農業」が脈々と受け継がれているという

ことをご存知でしょうか?

 

 

横浜には株式会社横浜ビール

という地産地消に取り組む企業があります。

 

「地元横浜のビールを地元の食材とともに地元の方々へ」

というコンセプトのもと、

食を通じて

まさに「地域活性化」に取り組んでいます。

 

直営レストラン「驛(うまや)の食卓」では、

横浜で唯一の地ビール「横浜ビール」や

横浜ビールの醸造過程で生じた

「ビール粕」を食べて育った「横浜ビール牛」

をはじめ、

地元の食材をそろえて

お客さんをおもてなししています。

 

さらに、株式会社横浜ビールさんでは、学生インターンを受け入れ、

地域に根ざした新たな事業展開に向け取り組んでいます。

 

そのインターン生に、お話をきいたところ、

横浜には由緒ある農家、美味しい食材が

いっぱいあると熱く語ってくれました。

 

これには個人的に驚きました。

「横浜」という一般的なイメージとはちがいますよね。

 

実は私はまだちゃんと生産者までお会いしたことはないのですが

でも私と同じように生産者の顔を知らないかたは

少なくないのではないかなと思います。

 

わたしのような人間と

生産者の顔がつながれば

「食」に対する敬意もよりつよくなり、

「地元」への愛もより強くなるのではないかと思います。

そこに横浜ビールさんはご尽力なされています。

 

さきほどの横浜ビールのインターン生は

最近自身の大学の授業でインターンの経験を話したそうです。

 

それを聞いた学生の感想を少し見せてもらったのですが

どの学生もそのインターン生を憧れの眼差しでみているのが

よくつたわってきました。

 

地産地消のみならず、

そのように若い人の成長にもつながる活動が

ここ横浜で展開されています。

 

これからもこのような有意義な活動が

たくさん生まれていくように

頑張っていきたいと思います!

 

 

浅井