ETIC.横浜

ニュース

2012.02.01

【2/16@北仲スクール】第7回 YOKOHAMA SOUP

 

2月。最近は雪も降り、寒い季節です。

寒い季節こそ、温かいものを。

温かいもの、、、といったらSOUPですね!

お待たせしました、

次回YOKOHAMA SOUPのご案内です!

しかも今回は寒い冬を熱くする「スポーツ」がテーマです。

 

 

 

◎人の心をひとつにする、スポーツが持つチカラに着目した起業家たち。
─────────────────────────────────
~ 横浜のソーシャルビジネスの担い手たちによるプレゼンテーション ~

ヨ コ ハ マ ・ ス ー プ  :: yokohama soup ::

「 VOL.7 : ス ポ ー ツ で 社 会 を 変 え る 」

(北仲スクール産業イノベーション論 特別編)
…………………………………………………………………………………
2月16日(木)18:30~20:45  @北仲スクール
─────────────────────────────────
http://yokohama.etic.or.jp/soup/

なでしこジャパンの活躍に沸いた2011年の日本。
今年も引き続き、ロンドン五輪を控え、
スポーツシーンへの期待と熱量は
にわかに高まりを見せています。

一方、ソーシャルビジネスとスポーツの関係に目を転じれば、
スポーツには様々なチカラがあることがわかります。

障害のあるなしや、国籍の違いに関わらず、楽しめるものであること、
地域の人と人とのつながりのキッカケとなるものであること、
自分や相手を信じることの大切さやを教えてくれるものであること…等。

今回の「YOKOHAMA SOUP」では、スポーツをキーワードに、
人と人とをつなげ、社会を変えていくアクションを起こしている
起業家をゲストにお呼びし、開催します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
::recipe :: - コンテンツ -
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

* date :
2012年2月16日(木)18:30~20:45(open 18:00)

* place :
北仲スクール(みなとみらい線馬車道駅2番出口すぐ)
〒231-0003 横浜市中区北仲通5丁目57-2
http://kitanaka-school.net/access.html

* program :

・横浜を舞台に挑戦する社会起業家プレゼンテーション

1)木下 直子 さん (チームWITH 代表)

『子育て期の女性の健康支援事業「ママの健康輪づくり講座」を青葉区
3拠点で展開~運動を通じた地域コミュニティづくりの軌跡~』

2)松崎 英吾 さん (日本ブラインドサッカー協会 事務局長)

『民間からブラインドサッカー協会事務局長という異色のキャリアへ。
スポーツを通じて視覚障がい者と健常者が混ざりあう社会を目指す!』

※プレゼンを受けて、会場内参加者が交流します。

・起業家、プロデューサー、学生たちの交流会

*navigator:調整中

* capacity : 70名

* fee : 500円(資料+ドリンク代)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
::materials :: - プレゼンター -
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

* ス ポ ー ツ で 社 会 を 変 え る *

1)木下 直子 さん (チームWITH 代表)
http://teamwith.blog83.fc2.com/

『子育て期の女性の健康支援事業「ママの健康輪づくり講座」を青葉区
3拠点で展開~運動を通じた地域コミュニティづくりの軌跡~』

結婚・出産を機に地域での子育て支援活動を開始。2006年、乳幼児を子育て中の
ママ達で「チームWITH」を結成。「子育てフェスタinあざみ野」や「ママの
ためのバスケットボール講座」など、様々な地域子育て支援事業の企画、運営に
携わる。2010年度から、横浜市青葉区との協働により「ママの健康輪づくり講座」
を区内3拠点で定期開催し、運動による子育て期の女性の健康づくりと地域の親子
の交流の場づくりの支援活動中。2009年度 NEC社会起業塾 特別研究生選出。
日本スポーツ心理学会認定スポーツメンタルトレーニング指導士補

——————————————————————-

2)松崎 英吾 さん (日本ブラインドサッカー協会 事務局長)
http://www.b-soccer.jp/

『民間からブラインドサッカー協会の事務局長という異色のキャリアへ転身。
スポーツを通じて視覚障がい者と健常者が混ざりあう社会を目指す!』

日本ブラインドサッカー協会事務局長・理事。国際基督教大学卒。学生時代に、
偶然に出会ったブラインドサッカーに衝撃を受け深く関わるようになる。
大学卒業後は、出版社に勤務。一般企業での業務の傍らブラインドサッカーの
手伝いを続けていたが、「ブラインドサッカーを通じて社会を変えたい」との
想いで退社。その後、日本視覚障害者サッカー協会(現・日本ブラインドサッ
カー協会)の事務局長に就任。「サッカーで混ざる」をビジョンに掲げる。
サステナビリティをもった障害者スポーツ組織の経営を目指し、事業型非営利
スポーツ組織を目指す。

┬─┬────────────────────────────────
│!│ お申し込み ~ 2月1日よりお受付いたします
┴─┴────────────────────────────────

【 締 切 】2月14日(火)
*定員に達し次第、終了となります。ご了承ください。

【申し込み方法】
下記Webサイトよりお申込ください。(2月1日よりサイトOPENします。)

http://yokohama.etic.or.jp/soup/

*当該事業は、NPO法人ETIC.が横浜市経済局より
「ソーシャルビジネス創出・成長促進事業」
として委託され実施しております。

………………………………………………………………………………

【ヨコハマ・スープとは?】

起業家が、経営者が、主婦が、ビジネスマンが、学生が。
立場・役割を超えて、自分が地域のために何ができるか考え、
アイディアを出し合い、未来を語りあう場―――――。

それが ” ヨコハマ・スープ yokohama soup” です。

テーマは毎回異なりますが、
口火をきるのは、横浜で新しいチャレンジを起こしている
起業家のプレゼンテーション。

それを受けて、会場の皆が知恵を出し合い、
非日常の縁・接点を紡ぎだしていくことにその特徴があります。

帰る頃には、内側からじ~んとなんだかほっくりしていて、

場に集う人に温かい心の交流が生まれていて。
それはまるで、ほっくほくのSOUPを味わった時のような気分。

素材で勝負したい人、大歓迎!
味付けが得意な人も大歓迎!

さぁ、ほっくほくの話を始めよう!

【主催】横浜市経済局 横浜社会起業応援プロジェクト
事務局:NPO法人ETIC.内
【共催】北仲スクール

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お問合せ先:横浜社会起業応援プロジェクト(横浜市経済局委託事業)
事務局:NPO法人ETIC.内 担当:田中・腰塚

TEL:03-5784-2115
MAIL:yokohama@etic.or.jp