ETIC.横浜

事務局ブログ

2012.02.10

【横浜の明日を作る空間:北仲スクール 2/10号】

こんにちは。横浜社会起業応援プロジェクト事務局の浅井です。
最近は、インフルエンザが流行しているようですね、
皆様もくれぐれも体調管理にはお気を付けください。
先日、北仲スクール(都市文化創造スクール)に伺う機会に恵まれました。

大正15年に横浜生糸検査所の倉庫事務所として建てられた建物、
「北仲BRICK」の中にありまして、
一言で言うと横浜らしいとてもクリエイティブな空間でした。


実は、北仲スクールに伺うのはこれが2度目で
最初は、「産業イノベーション論」に出席させていただいたときでした。
講義では
都市を維持するためのシステムは、
生命を維持する「免疫系」「血管系」「神経系」
という3つのシステムで説明できるという話や、
クリエイティブな産業は全国的に従業員数が増加していて、
特に横浜においては、クリエイティブな人が多くすむまちであるという話もありました。

例えば、横浜在住の美術家・写真家・デザイナーの数は2005年で
約1万2000人で、全国シェア4,5%と
他の職業の平均2,8%と比べて高いということが示されていました。

北仲スクールは、クリエイティブな人たちが集まる「空間」であるという
ことを、伺って肌で感じることができました。

 


 

なんと2月16日に
YOKOHAMA SOUP

をその北仲スクールの場所を使わせていただき
しかも、「産業イノベーション論 特別編」として
開催できることになりました。

 

テーマは「スポーツで社会を変える」です。

 

スポーツというものは、もちろん「楽しむもの」であると同時に、

地域の人と人をつなげたり、障害のあるなし、国籍を問わずに

新たな関係性や信頼をうみだしていくという
不思議な力を持っています。

そんなスポーツの力を事例を交えて語り合う、
そんななかから今回のSOUPの意味が生まれていくのではと思っています。

 

是非皆さんと一緒にYOKOHAMA SOUPという場を作り上げたいと思いますので
お誘い合わせのうえ、ご参加いただけたら嬉しいです。

お待ちしております。

 

浅井