ETIC.横浜

事務局ブログ

2012.04.13

もうすぐ春ですね。おいしい珈琲飲みませんか?

お久しぶりです。横浜社会起業応援プロジェクト事務局の腰塚志乃です。
ようやく春の陽気になってきました。
みなさん、もうお花見はされましたか?

年度も変わり、改めてふと数えてみると、
私たち「横浜社会起業応援プロジェクト」の取り組みが始まって4年間、
ソーシャルビジネスに関心を持って下さっている起業家、経営者、
社会人の方々、1000名を超えるの方々にお会いしてきていました!
とってもありがたい出会いばかりです。本当にありがとうございます。

これからも引き続き、横浜を舞台に色々な方とのご縁を
大切に活動していけたらと思っております。
今年も、どうぞよろしくお願いします。

さて今回は、只今、保土ヶ谷で開業準備、真っ最中のfe.a coffeeさんを
訪問してきたのでご紹介したいと思います。

fe.a coffeeさんは、「みんながハッピーになりますように」
という思いのこもったコーヒー豆屋さんです。

ドミニカ共和国の農園を中心に、フェトレードのコーヒー豆を仕入れ、
横浜の作業所のみなさんが丁寧に焙煎をしたコーヒー豆をお届けします。

その特徴は、何よりおいしさと、丁寧な手仕事にこだわりを持っていること。
お店にはカフェスペースもあり、私もコーヒーを頂いてきました。
実はコーヒーが得意でない私に、マイルドな豆で、
さらにやさしい風味にするために敢えてぬるめに淹れて下さる
お気遣いで、とてもおいしく頂きました!

この fe.a coffeeを立ち上げられた関辰規さんは、もともと
ルイ・ヴィトンでバッグや、ワイン・シャンパン等の営業や
マーケティングに携わられていたご経歴をお持ちです。
その後、ワイングラスのマーケティング、販売の仕事を経て、
ご縁があって、東京でフェア・トレードコーヒーを扱うカフェのオーナー
をすることになるのですが、働いている中で お子様が生まれたり、
身近でとても大切な方を亡くされたりする経験を通して、
「もっと世の中に貢献できる仕事をしたい。
今自分のできることをやりきって悔いのない時間を過ごしたい」
と感じるようになっていかれたそうです。

何か自分にできることはないかと、広く情報収集していた中で、
行政の福祉課の担当者の方と話をする機会があり、
担当者の方からそんな言葉を投げかけられました。

「彼らを労働力として見ないでほしい。ハンデではなく、
付加価値として見てほしい。」

その言葉が、関さんの中でなぜだかとても気にかかり、
それから障がい者の労働環境のこと、作業所の実態、賃金問題など
近所の作業所に飛び込みで話を聞いたりと、色々と調べるようになり
事態の深刻さを知っていきました。

以前から不思議に思っていた子供の幼稚園の隣にある、
障がい者の人々が集まっている施設が、福祉作業所であったことも
分かってきたりと、気づくととても身近な問題だったことも
分かっていきます。

そこで、自分の事業であるコーヒーを活用して、作業所の人たちの
賃金UPや楽しい仕事づくりに少しでも貢献することはできないかと考え、
一念発起し、以前飛び込みで話を聞いた、地元横浜・保土ヶ谷の
作業所トラックさんと連携しながら、この事業を立ち上げることを決意。

障がい者の人々と一緒にできる仕事を増やしたい、
ビジネスとしてもきちんと利益を出し、持続可能なモデルにしたいと、
今まで経営していたカフェではなく、1から勉強して自家焙煎の
コーヒー豆屋さんをすることに決めました。

関さんは、「すごくお金持ちでなくても、自分ももちろん、関わってくれる
みなさんが、障がいのあるなしに関わらず、好きな習い事をしたり、
おしゃれをしたり、人として豊かな生活ができるようになれたら」
と語ってくださいました。

只今、保土ヶ谷の境木商店街で、豆屋さん&カフェをプレオープン
しながら、開業に向けて鋭意準備中です。
これから、どんな物語がこの小さなお店から生まれてくるのか、
いまからとても楽しみです!

 

fe.a coffee(フェア・コーヒー)
〒240-0026
横浜市保土ヶ谷区権太坂1-53
TEL&FAX 045-326-6312

※営業日は、水・木・金・土 10:00~17:00