インターンシップ体験談

インターン生の体験談のインタビューをご紹介しています。

  • 1・2年生からはじめるインターン
  • 休学インターン
  • 大学4年生必見!内定後インターン
  • 2代目学生!経営者修行インターン
  • 地域仕事作りインターン

『もっと早い時期に知りたかった・・・』『1・2年生から始めていれば、残りの大学生活の過ごし方が大きく変わったかもしれない。』大学3年生からインターンをスタートさせた先輩たちは、このように話してくれます。

1・2年生にとって、長期インターンはハードルが高いように思われがちですがやる気があり、そして、タイムマネジメントさえ上手くできれば、誰にでも挑戦できる可能性はあります!単に、今の大学生活に満足するのではなく、自分自身と向き合い、圧倒的成長を遂げるために1・2年生からインターンシップを活用してみませんか?

ここでは、大学1・2年生で長期インターンに挑戦した先輩たちの経験談をご紹介します!

1・2年生からはじめるインターン

インターンで広がる夢と選択肢!今こそ挑戦の一歩を踏み出そう!―「自分以外に代わりがいない人間になること」を目指して挑んだインターンとそこから得られた成長、そしてさらなる挑戦。

堀本 昭希(ほりもと はるき) さん

大学・学年:横浜市立大学国際総合科学部1年(当時)/ インターン先:株式会社TEZZO/ インターン期間:2014年10月~2015年4月

1・2年生からはじめるインターン

日本一を取った横須賀のパンメーカーで挑んだ半年間。自分の限界に挑戦する中で見えてきた、自分の新しい可能性。

大江 菜月(おおえ なつき) さん

大学・学年:横浜国立大学経営学部2年(当時)/ インターン先:有限会社モリワールド/ インターン期間:2014年9月~2015年3月

1・2年生からはじめるインターン

横浜の経営者との出会いで変わった大学生活

石渡純恵(いしわた すみえ) さん

大学・学年:横浜国立大学経済学部1年(当時)/ インターン先:株式会社フェアリーランド/ インターン期間:2013年9月~2014年3月

1・2年生からはじめるインターン

接客を通じて気づいた生産者の想いを伝える仕事

大金 結(おおかね ゆい) さん

大学・学年:フェリス女学院大学国際交流学部2年生(当時)/ インターン先:株式会社横浜ビール/ インターン期間:2013年2月~8月

1・2年生からはじめるインターン

地元を離れて横浜でインターンに挑戦した半年間。働くことの楽しさを知った。

森田 あずさ(もりた あずさ) さん

大学・学年:高知大学2年/ インターン先:横濱いせぶらカフェ(神奈川県横浜市)/ インターン期間:2012年4月~9月

大学生活が4年間なんて決まってない。『学生のうちに自分に磨きをかけ、自信を持って社会に出たい!』『全力でやりたいことに挑戦し、自分の将来を見つめなおしたい!』『大学を飛び出して、本気で一つのことにチャレンジしたい!』

多くの時間を割くからこそ得られる、プロジェクトの全てを任せられる経験!責任や仕事に対するやりがいも大きく、すべて自分次第。 逃げ場のない環境だからこそ、他とは比べ物にならない。そんな経験をしてみませんか?

ここでは、休学インターンに挑戦した学生を紹介します!

現在、記事を準備中です。

『入社後のスタートダッシュを切りたい!』『内定先に活躍できる力を身につけたい!』『小さな組織において、自分の力で事業を動かしたい!』そんな思いを持ち、内定後インターンに挑戦する学生は増えてきています。

これまでと同じような、普通の大学生活を過ごすのではなく、現在の自分の実力を試すため、そして将来の夢の実現に一歩近づける力を身につけるために内定後インターンにチャレンジしてみませんか?

大学4年生必見!内定後インターン

将来の選択肢を広げるための内定後インターンに挑戦

福嶋 優(ふくしま ゆう) さん

大学・学年:一橋大学経済学部4年生/ インターン先:株式会社大川印刷/ インターン期間:2013年8月~2014年1月

『親から家業を継いでほしいとは言われないが、継ごうか迷っている。』『将来経営者になるために、大学生活の間に何をすべきか分からない。』『家業を守り切れるか?継いだ事業を成功させるイメージが持てない。』そんなあなたに挑戦してほしい。成功している2代目経営者から学ぶ、経営者としての心構えと感性を磨く半年間!

大学の授業では絶対に教えてくれない《会社を成長させる実力を兼ね備えた経営者とは?》《社員だけはなく、地域コミュニティからも愛される経営者とは?》などインターンを通し、経営者と二人三脚で新プロジェクトに挑戦することで、その答えが見えてくる!

ここでは、2代目学生のインターンシップ経験談をご紹介します。

2代目学生!経営者修行インターン

企業と地域の関わり方を考えた7か月間の経営者修行

原尚史(はら なおふみ) さん

大学・学年:早稲田大学3年生(当時)/ インターン先:大川印刷/ インターン期間:2013年2月~8月

『地元は好きだけど、仕事がないから、地元から離れて仕事をしなければいけない。』しかし、その思いの反面『将来は、地元に帰って仕事をしたい。』『自分の育った地域のため、役立つ仕事に携わりたい。』そんな想いを持ったあなたに。

《地産地消から新たな地域コミュニティを生みだす》《教育通じて、地域の未来を担う子どもたちを育てる》横浜には、最先端の“まちづくりの形”をうみだす大人たちが沢山。地域を盛り上げる秘訣を教えてくれる師匠と過ごす半年間は一生モノ。将来、インターンシップでの学び・経験をそのまま地元で生かすことができるはず。

ここでは、すでにそんな体験をした学生たちを紹介します!

地域仕事作りインターン

行政と企業が一緒にできることの意味は大きい!                 ~ガーナの地で私だからこそできること~

小林 愛鐘(こばやし あかね) さん

大学・学年:明治学院大学 国際学部国際学科4年(インターン参加当時)/ インターン先:株式会社大川印刷/ インターン期間:2014年9月~2015年3月

地域仕事作りインターン

地元の人と食材を繋ぐ思いを仕事に

杉本 早紀(すぎもと さき) さん

大学・学年:高知大学人文学部社会経済学科2年(当時)/ インターン先:横濱うお時/ インターン期間:2013年2月~8月

ページトップへ