募集中のプロジェクト

みんなでモノを創り出す楽しさが、新たなビジネスチャンスを引き寄せる!
株式会社関東精密
2016/11/22 更新
町工場に生まれた、「メイカーズのための秘密基地」に、未来のモノ作りの夢を託す!
様々な工作機械や職人たちのもつ知恵を活かしながら、素人でも自由に金属加工で表現ができる、そんなありそうでなかった創作拠点「メタルDIY」を盛り上げ、たくさんの人達が集う場所にしていくプロジェクト。

募集要項

皆さんご存知のように近年「住まいや暮らしの環境」をより良いものにするために「自らの手でつくる」という「DIY=DO It Yourself」が、注目されています。最近では「DIY女子」なる言葉も生まれ、女性にもひそかなブームとなっています。
一方で、「木工は比較的親しみやすいのに対し、金属加工の分野では道具もなく、なかなかチャレンジのハードルが高い」、そんなDIY好きの人達の声を聴き、2013年12月に立ち上がったのが、メタルDIYです。
メタルDIYは、工具の精密加工や自動車部品を手がける関東精密(横浜市都筑区池辺町)がクラウドファンディングで資金調達をして、誰でも本格的な金属加工ができるものづくりスペースとしてオープンしました。ボール盤、切断機、ベンチグラインダー、パイプベンダー、溶接機、倣い刻字機などの機材があり、利用者は金属加工アドバイザーの指導を受けながらこれらの機材を使用することができます。初心者であっても職人に教えてもらうことで安全安心に技術を身に着けることが出き、想い想いの創作活動に励むことができるのです。
そんな、なかなかありそうでなかった、この「メタルDIY」は本業の傍ら、杉田社長が「金属加工アドバイザー」としてこれまでイベントや、見学者の指導等を担当してきました。その結果少しずつ、美大生やプロダクトデザイナーがこのスペースを活用して、試作品づくりに打ち込んだり、ワークショップ等を開催して金属加工に親しんでもらうような取り組みを出来るようになってきました。しかしこの活動を発信し、盛り上げていくには、まだまだやりたいことが残されていると杉田社長は言います。
今回募集するインターンは、この「メタルDIY」の情報を広く発信し、ワークショップの企画運営から集客までを担ったり、美大生やプロダクトデザイナー等メタルDIYの存在を周知することでよりよいご縁を築けそうな人達とのパイプ作りに邁進することが期待されています。一緒に推進する相手は社長!あなたの考えや企画を直接ぶつけて、フィードバックをもらいながら、実践のPDCAサイクルを回していくことができる格好の現場だとおもいます。

▲木工や布などの素材と違って、日常生活ではあまり縁のない金属加工の知られざる世界。溶接や、ドリル(穴あけ)、旋盤での加工など、使い方のポイントを押さえることで、金属の様々な顔を引き出し、表現の幅をぐっと広げることができる。

▲炭火などを入れて手足を温める、小型の暖房機器「行火」を現代風にデザインしたプロダクト「anka」。このデザインは、メタルDIYから生まれました。ある美大生がこの場所を発見し、卒業制作に従事。完成した作品は賞を受賞し、将来的には商品化・量産化を目指しているとのことです。

▶期待する成果 『美大生や、プロダクトデザイナーのコミュニティとの接点を作り、「メタルDIY」の存在を周知して活用してもらうためのパイプを作ること』
『毎月、ワークショップ等を定期開催し、金属加工ものづくりの面白さに触れる機会を提供する仕組みを創り出すこと』
▶仕事内容

メイカーズの秘密基地を深化・進化させていく、番頭役を募集!

最終的な到達地点は、この「メタルDIY」での創作活動がきっかけとなって、関東精密さんの周囲に豊かな「メイカ―ズ」達のコミュニティができることや、新たな商談が次々に舞い込む土壌づくりが進んでいくことです。
もちろん、最初のうちは、杉田社長の営業同行やメタルDIYで実際に使われている工作機械の一連の操作に慣れることから始まります。少しずつ業務に慣れたら、社長とも相談しながら、メタルDIYの広報活動やイベント企画、美大やクリエイター集団との接点作り等の動きに取り掛かっていきます。
メタルDIYが、より進化したメイカ―ズたちの基地になるかどうかは、あなたの動き方にかかっていると言っても過言ではありません。

▶得られる経験 ・ワークショップの企画運営や、美大生コミュニティとの接点作りを通じて、正解のないことに取り組み、道筋をつけていく経験、ゼロからイチを生み出す経験
▶対象となる人 ・モノや場、イベント、コミュニティ等を創り出すことや、プロデュースすることに情熱を傾けられる人
・多様な人達とコミュニケーションをとったり調整をすることが好きな人
・広報や集客、イベント運営等に挑戦してみたい人
▶事前課題 担当コーディネーターにお問い合わせください。
▶期間 6か月以上
▶勤務条件 【学期中】週3日程度 
【休暇中】週5日程度
※応相談
▶勤務地 JR鴨居駅徒歩15分
▶活動支援金 あり

受入団体紹介

金属加工に特化した多能工集団。

大企業、中企業、小企業、零細企業というピラミッドが崩壊しつつある、と実感し、先代から会社を引き継いだ後に、1社依存体質を脱却しリーマンショックもくぐりぬけて、経営改善を果たした杉田社長。その後も歩みを止めず、2013年には、「未来のモノ作り」を見据え、「メタルDIY」をオープン等、様々なチャレンジを行っている。

▲「メタルDIY」は、杉田社長がクラウドファンディングを活用しながら2013年12月にオープンさせた、夢の金属加工基地。ロフトから眺める光景は、まさに「町工場」の現場そのものです。

株式会社関東精密
▶事業内容:
治具・工具・ゲージ・精密機械部品・各種金型の製造及び販売
▶設立:昭和48年2月
▶代表者:杉田勇
▶従業員数:7名
▶資本金:1000万円
▶売上高:―
▶HP:http://metaldiy.net

経営者・スタッフ・インターン生からのメッセージ

▶経営者からのメッセージ

ものづくりの楽しさをもっと広く伝えるための活動を一緒にお手伝いしてください!

みんなでワイワイ、ガヤガヤ言いながらのモノづくりをする楽しさは体験しなければ、わかりません。
「自分だけのとっておきの場所」で、思いをカタチにしていく面白さも経験しなければわかりません。
「こんなモノを創りたい」、「自分だったら、こうなるのに」、「売っているモノじゃ、何か物足りない」・・・。
メーカーズたちのロマンを、現実のものにしたい。そんな思いで始まったプロジェクト、やりたいことはたくさんあります。

代表取締役社長 /  杉田勇
横浜生まれ。工業高校卒業後、さまざまな職を経験した後、金属加工業界へ。先輩工場長に誘われ精密機械加工の関東精密に入社。先代社長からの勧めもあり、会社を買い取る形で2007年関東精密代表取締役に就任。リーマンショックを乗り越え、経営を軌道に乗せる。2013年にはクラウドファウンディングを活用し「メイカーズのための秘密基地メタルDIY」を同社工場ロフトにオープン。週末になると金属加工アドバイザーとして、ものづくりに興味を持つアマチュアを指導。金属加工ができるコワーキングプレイスを目指した活動を続けている。

▶スタッフ/インターンのメッセージ

担当スタッフから一言

プロダクトデザイナーや美大生等の創作意欲を刺激し、ヒット商品をこの秘密基地から生み出す!そんな夢を一緒に描きながら、メタルDIYを盛り上げてくれるインターン生の参画をお待ちしています。

▶事前に調べておこう
●関東精密のオフィシャルWEB:http://www.kanto-seimitsu.jp/
●杉田社長のメタルDIY立上げにかける想いはこちらをチェック:https://zenmono.jp/story/38

このインターンシップに関心がある方は、まずはお問い合わせください。

このインターンに問い合わせする

ページトップへ